Office 365に対応したドキュメント業務支援ソリューション「DocuDyne®」新バージョンの提供を開始

インディゴ株式会社(本社:東京都、代表取締役 川上聴、以下「インディゴ」)は、Microsoft社が提供するクラウド型グループウェアサービスMicrosoft Office 365(以下「Office 365」)に対応した「DocuDyne 5.1」を本日より提供開始いたします。

「DocuDyne®」は、オフィスワーカーの誰もが使い慣れたMicrosoft Wordと、情報共有・文書管理に長けた高機能プラットフォームSharePoint®を基盤とし、文書の部品化と新旧文書比較による文書改訂作業の効率化を実現するソリューションです。
継続的な改訂作業と高度な品質管理が求められる、各種約款文書・製薬添付文書・製品マニュアルなど半定型文書を取り扱う企業様に長年ご利用いただいております。

今回のバージョンアップにより、ワールドワイドでシェアを伸ばしているOffice365で提供されるMicrosoft SharePoint Onlineとの連携が可能となり、クラウドシフトによって多様化するワークスタイルに併せてご利用いただけるようになりました。

今後インディゴでは、Office 365によるドキュメント業務の更なる効率化を実現するSharePointアプリ等のソリューション販売を強化していきます。

DocuDyne_display_s

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
インディゴ株式会社
電話番号:03-5433-0566
Contact:お問合せフォーム

*DocuDyneおよび製品名は、インディゴ株式会社の日本および他の国における商標または登録商標です。Office 365、SharePoint、SharePoint Onlineは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。その他掲載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。