GeoNames.jp の外部連携及び相互運用性の向上を目指した取り組みについて

GeoNames.jp は、弊社ラボチームにて構築/運用する日本地名の URI 基盤です。

この度、GeoNames.jpの相互運用性/拡張性の向上を目的とした下記の「拡張リンクセット」について、弊社ラボチーム GitHubレポジトリ 及び 株式会社富士通研究所 の「LOD for all」での提供を開始しました。

geonamesjp_vs_wikipedia(ウィキペディア日本語版の記事URIとの関連付け)

GeoNames.jp の地名URIとWikipediaの日本の地方公共団体一覧 に含まれる「都道府県・郡・市区町村名のURI」との関連付けを行うリンクセットです。百科事典としての典拠性を有するWikipediaのURIとの関係解決を支援することにより、GeoNames.jpでは提供していない自治体の基礎的な属性情報の補完などが期待できます。

geonamesjp_vs_sac(都道府県・市区町村コードとの関連付け)

GeoNames.jp の地名URIと 次世代統計利用システム が提供する「都道府県・市区町村 標準地域コード情報」との関連付けを行うリンクセットです。地域別統計にて地域の識別に用いられる「標準地域コード」との関係解決を支援することにより、標準地域コードを元に作成されたデータと GeoNames.jp を元に作成されたデータ間の連携など相互運用性の向上が期待できます。

なお、上記「拡張リンクセット」については、株式会社富士通研究所の「LOD for all」の検索API「LFASparql」を用いて検索/参照することが可能です。

「LOD for all」は、世界中で公開されているLinked Open Data を収集し、横断的なブラウジング、検索、アクセスを一括で行うことを目的とした基盤であり、この度は富士通研究所様のご協力により、「LOD for all」に上記「拡張リンクセット」を登録頂いております。

参考:GeoNames.jp について
<slideshare http://www.slideshare.net/yoit/geonamesjp0312